カーナビに導かれた先は・・・熱海近辺の高速道路から降りた下道

スポンサーリンク
カーナビに導かれた先は・・・熱海近辺の高速道路から降りた下道 観光
この記事は約4分で読めます。

私が実際に体験した話ですが、

高校生の頃に家族で旅行に出かけたときのことでした。

毎年、夏休みは必ずどこかへ旅行に出かけていました。

旅行の時は、父が運転して車ででかけることがほとんどで、

その時の旅行も車で行きました。

場所はうろ覚えですが、たしか熱海辺りの温泉にでかけたときのことです。

父は良く運転するので、長距離で運転することも慣れていました。

家は東京の北区にあり、最長では大阪まで車で行くことも何度かありました。

熱海への旅行は2泊3日でしたが、

行ったときは丁度お盆休みの真っ只中で、

宿泊先も、行きの道も帰りの道も混んでいました。

特に、帰りは連休も終わりかかっていたので、

とても長い渋滞に巻き込まれてしまいました。

長距離運転に慣れている父は、

渋滞に合うこともしばしばあったので、いつも通り運転をして、

夜遅くには自宅に着くんだろうなと思っていました。

渋滞の帰り道、海岸沿いでは花火大会が開催されていたらしく、

大きな花火が空に上がり、渋滞の中でも見ることができました。

時間は過ぎ、夜10時を過ぎた頃でしょうか。

渋滞は完全に停止し、全くと言っていいほど進みませんでした。

渋滞にも慣れてるとはいったものの、さすがの父もイライラし始め、

ついには高速を降りて下道を進むことにしました。

高速を降りたところで、カーナビの設定を有料道路回避にし、下道を走り始めました。

思ったよりも下道は空いていて、父も機嫌が戻ったらしく、スイスイと下道を走っていました。

すると、カーナビから、

「こっちの道を行ったほうが早く着きます」といった表示が画面上にあらわれ、

ルートを変更して進みました。

(もともとそういう機能がついている)

そのルートを行くと、今まで走っていた道よりも、

さらに空いていて、到着予定時間も30分ほど縮んでいました。

さらにご機嫌になった父は、鼻歌混じりに運転をしていましたが・・・

次第に周囲の様子がおかしいことに気が付きました。

車は明らかに帰り道とは違う方向を走っていて、

大通りからは離れ、山の方へ登っているような感覚でした。

山道は真っ直ぐな道でないことのほうが当たり前、と思っていたので、

最初は気にすることなく進んでいました。

しかし、、、30分くらい進んだときには、

ついにはカーナビに表示される道は、今私たちが走っている道しかありませんでした。

母は、引き返して元の道に戻ろうと言いましたが、

ここまで来たら戻るのも面倒だ、と父が言い、そのまま進んでしまいました。

すると突然、カーナビ上の道は消え、

予定到着時間も表示されなくなってしまいました。

道なき道を行く、といった感じでしょうか、

カーナビ上で道の表示が無くなって数分後、車は停止しました。

故障ではなく、これ以上進めないということで、父が止めたのでした。

車の正面を見ると、真っ暗闇の中に、

巨大な鳥居が建っているのが見えました。

鳥居の向こうは山への入り口なのか、

くぐってすぐのところに階段があり、

その階段は上へ続いているようでしたが、暗くて見えませんでした。

私たちは驚いて、声も上げずに、スムーズなUターンをして引き返しました。

30分ほど走ると元の道に戻ることができました。

あの巨大な鳥居は何の入り口だったのか。

ジブリの千と千尋の神隠しをも想像しましたが、

そんなファンタジーなことも考えられず、

実際にそんな状況に陥ると、何もできませんでした。

軽井沢のイルミネーションを見に行った時の怖い体験談(教会とその付近の池)
10年程前のことです。 12月の中旬、私と当時の彼氏と二人で軽井沢の大きな教会で行われている イルミネーションが綺麗だという話を聞いて、車で向かうことにしました。 教会の電話番号をネットで調べて、 カーナビに設置して...

コメント

タイトルとURLをコピーしました