4LDK新築マンション・我家の恐怖体験。

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

私の家族は新築分譲マンションに住んでおります。

自転車で海まで10分程度なので

休日には子ども達とサイクリングに出かけることも多く、

その日も海へでかけました。

海につくと当時6才の長男が

「デカい魚の骨を見つけた」と

土産に自宅まで持ち帰り

玄関に設置してあるエアコンの室外機カバーの上に飾っておいた時から

怪奇現象に悩まされはじめたのです。

マンションの間取りは北側玄関の

扉を開けると南にむかいフロアリングの廊下があり

左手には私の部屋があり

右手には子供部屋があり

南おくにはリビングがあるつくりです。

帰宅の遅い私が1人、リビングで夕飯をとっていると

子ども部屋のドアノブを回す音、

廊下を裸足で歩く子供の足音が

「ピタピタ」とリビングに近づいてくるのです。

私は「子どもが寝ぼけてか、トイレにおきたのであろう」と

理解しておりましたが深夜なので

「早く寝なさい」と姿を確認しないで声をかけていたのです。

しかし応答がなく・・・

連日聞こえるので

「誰が悪戯しているのか」と確かめたくなり

足音がちかづいてから廊下を観察したのです。

しかし誰もいないのです。

絶対に、そこにいると思い込んでいる私は怖くなり

子ども部屋に除きにいきましたが

誰も起きた形跡がありません。

トイレに入った形跡もありません。

そんな日が続き、足音がした瞬間に廊下に確認に生くと誰もいない・・・

思い当たるのは骨を持ち帰ってきてからです。

数日たってからは

子どもたちが知らない子が家にいると言い始めたのです。

怖がると思い足音の件は家族のだれにも話しておりませんでしたが

私、点と点が繋がりました。

そして原因は「骨」以外、おもいあたりません。

そして海に返すことにしたのです。

そこで骨の形を真剣に観察すると

「魚ではなく人間の太ももなのでは?」と思い

もとあった場所に置いてきました。

それからは一切の怪奇現象はおこらなくなりました。

もしかしたら、あの骨は人間の骨だったのではないかと今でも思います。

タイトルとURLをコピーしました