自殺の名所と言われた時期がある不動岩(熊本県山鹿市)

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

不動岩の神話について

不動岩とごんげん山の大巨人の首引き合戦があって、

そのときに負けた不動岩の大巨人が首がとれて顔が一つ目神社にあるという神話があって

今ある不動岩は胴体と手足らしいです。

ちなみに顔に見える岩は胴体らしいです。

自殺の名所になる

不動岩が自殺の名所と言われるくらい自殺が多かった時期があります。

村でも悩みの多い人がいたし、安心できる絶景でちょうどいい規模だからだと思います。

人生の最後不動岩から転落して自殺が流行った時期があったので、その不動岩にいると言霊をみることがあるかもしれません。

その自殺のせいで不動岩の岩に登れなくなり、

不動岩の下だけが敷地になっていて拝むところがあるくらいになり、駐車スペースのみになりました。

霊をみることがあったらそれは自殺した人の魂かもしれません。

かなり高い位置にあるのに道がせまくて危ないところです。

土砂災害などには残念ながら弱い部分もあるかもしれませんし、雨の日には行かれるのはあまりお勧めではないです。

夜景がきれいなところではあるんですが、自殺の名所でしたから自分がそうならないように気を付けてください。

現在のライトアップ

現在、不動岩は、お祭りや行事があるときは夜ライトアップされています。

ライトアップされているのもあまりいいものじゃないんですが、

以前自殺が多いなど問題があったのでそんな不幸な人を救うための措置にもちょうどいいかもしれません。

観光名所では少しないんですが、山鹿市では有名な話なので、他の都市に住んでいる方で

たまたま旅行で山鹿を通るときには思い出して下さい。

山鹿市の325線沿いならドライブをしていても見えるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました