私は幽霊に殺されかけた。

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

中学のときのことです。家で昼寝をしていたとき、布団がざわめくというかあわ立つ感じがしたのです。

以前にもそのような体験はしており、またかと思いそのまま昼寝を続けようとしました。

しかし、足元で人の話し声が聞こえました。

最初は母と役所の人が話しているのかな?と思ったのですが、なぜか声が聞きにくいのです。

不信に思った私は起き上がろうとしました。

しかし、何者かがすごい速さで私の上に乗りかかったのです。人より重かったです。

そして、それは私の首を勢いよく絞めました。手を離そうとしてもらうにも、凄い力です。

唐突ですが、私達家族は母、そして私には霊感がありました。

母の方が強いと彼女は豪語してましたが、その彼女ですら察知できない幽霊だったそうです。

話を戻しますと、それは男の人でした。

私に対する恨みなのか未だに分かりませんが、強い殺気を感じました。

このままでは死んでしまう!そう覚悟を決めた私を救ったのは、やさしい女性の声でした。

彼女は「○○《私の名前》から手を離しなさい!」

その言葉にその幽霊は消えました。ありがとう、私は心の中で礼を述べました。

彼女がいなければ私は死んでいたでしょう。幽霊に殺される死因なんていやでした。

今でも私はそのときのことを思い出します。

日付は覚えておらずとも、夏だったような気がします。

ただ、彼女の言葉は覚えておりその男に絞められた感触も覚えています。

私は知らずのうちに恨みを買ってしまったのでしょうか?

謎が残るばかりです。

タイトルとURLをコピーしました