知人の家にある汚い仏壇。

スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。

知人の家にある汚い仏壇

夏の暑い日、知人宅の家に遊びに行った時の話です。

そこの知人宅は皆の溜まり場になって居て、その日も私を含めて3.4人遊びに来ていました。

皆でテレビを見ていたら、バタンとドアが勢いよく閉まる音がしました。

その場に居た全員がビックリして、その場に居た皆で一緒に様子を見に行ったけど、変わった様子はありませんでした。

部屋に戻り、話して居たら、一人の女の子が、窓の方を見て、悲鳴をあげたので、

窓の方を見たらカーテンの所に人間の手がありました。

一瞬にしてその手は消えたのですが、閉めていたはずの窓が少し開いていました。

その日はそれで終わったのですが、

後日、その知人宅の家に遊びに行くと誰も居なかったので、

寝っ転がってパソコンで動画を見ていたら、背後から誰か2人に見られてる様な視線を感じたけど、振り向いても誰も居ませんでした。

一人で居るのが怖くなり、その日は急いで自分の家に戻り、その出来事を友人に電話で伝えたら、

そこの知人宅は、仏壇を全く掃除しておらず埃の溜まり放題だから、

知人の先祖が怒ってるから、その家には近付かないほうがいいと言われたことを覚えています。

私の背中にも自分の先祖が二人付いているよと言われ、

それを祖父に話すと、寺に連れて行って御払いしてもらいました。

御寺の人から、祖父の両親だけ遺骨が土に埋まってるままだから、

ちゃんと、供養しないとどうすることも出来ないと言われ、

祖父の両親の遺骨がある場所を聞く前に祖父が病気で亡くなりました。

未だに半信半疑ですが場所を知っているのは祖父だけなので、

亡くなってしまった以上どうすることも出来ません。

北海道某市 実家の仏壇にまつわる出来事

25年ほど前、夫と結婚する前の話です。

私の実家で半同棲生活をしていました。

両親と祖母・私たち。夫は、元々霊感が強い人だ。

学生の頃、兄貴が 霊を呼ぶ儀式みたいなのを 

よりによって うちでやったらしい。

ある日、突然そう告白してきた。

兄貴が家を出るのに、その時に使用した 

天井にある画鋲を絶対に取るなと、私と父に言ってきた。

私にはまったく 霊感はない。

当時飼っていたモルモット、人の気配がしたら 鳴いたりしていたが

夜中に突然鳴いたりすると さすがにビビった。

夫と付き合うようになり、最初はちゃんと 

自分の家に帰っていたが その内寝泊りするようになり

気づけば 半同棲状態。

両親も特に何も言わなかった。

一緒に住むようになって、いろんな事を言われるように…

猫が走り回っていたから ポラロイド写真撮ったと見せられ、

写っていたのは 家の前で車にはねられ亡くなった飼い猫。

寝ていたら、夜中に突然 大丈夫か?と起こされ 

話を聞くと、何気なく私の顔を見ていたら 

守護霊の顔が浮かんできたとか…

マジか… 

ある日の事、1か月祖母が居ない時があった。

夫が夜中にトイレに行ったという。

その時 玄関の扉がパタン閉まり、

玄関から廊下に出るドアがパタン閉まり、

廊下から居間に入るドアがパタンと閉まり、

居間から和室に入る襖がパタンと閉まったと…

私に おばあちゃんいたっけ?って。いないよ。と

その話を聞いた時、私はおばあちゃんではなく 

2~3歳の頃に亡くなったおじいちゃんだと思った。

うちの母親は 祖母が居ない間、

お仏壇をおろそかにすることがある。

その時も ごはんとか あげていなかった。

なので、この話を父にし 多分おじいちゃんだと思う、

だから ごはんとかちゃんとあげた方がいいと。

びっくりした顔していましたが、

それからは 父が毎日ご飯とお線香をあげていました。

それ以来 あまり変なことは起こりませんでした。

古物商で購入した仏壇を設置した所、毎晩のように亡霊に…
親子で暮らしていた家族がいたのですが父親と息子の二人暮らしでした。 父親は80代でしたが病弱気味で50代の息子が自宅で世話をしており、 母親を数年前に亡くしていたので息子一人で父親の面倒を見ている状態だったのです。 やがて...
地下に埋もれた日本家屋の怪(別府市から湯布院にぬける道沿い)
1.荒れ地に突然現れる一軒家 まだ昭和の時代の話である。 九州の別府と湯布院を結ぶ道には、有名なやまなみハイウェイともう一つ、由布岳の北側を迂回する道路ある。 この迂回道路の方の道沿いには、民家が一軒もない草原地帯がある。...
タイトルとURLをコピーしました