熊本県荒尾市にある三井グリーンランドの裏通りの電話ボックスとお化け屋敷に現れる女性の幽霊

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

地元では有名な話なのですが、熊本県荒尾市にある三井グリーンランドの裏通りの電話ボックスの話です。

私が子供の頃、グリーンランドの裏通りには一台の電話ボックスが設置されていました。

そこは見通しのよい片側一車線の道路です。

その電話ボックスの前で交通事故があり、一人の女性がなくなりました。

その女性は結婚式を前日に控えていたという噂です。

その事故から夜になるとその電話ボックスで女性が泣きながら電話をしている姿を何人もの人が見かけています。

地元ではその話が有名だったのでそこの道を通る人は少なくなりました。

しかし、タクシーの運転手の方は仕事上通らないといけない事もあるらしく結構目撃していたとか。

それからしばらくすると地元住民からの意見でその電話ボックスは取り外されお払いをし今では目撃談はなくなりました。

それからしばらくすると今度は三井グリーンランドのお化け屋敷に本物の幽霊が出ると噂になりました。

その噂は瞬く間に広がりテレビ局の取材などもよくきていました。

某タレントがお化け屋敷に入ると足を触られたっと泣きながら震えていたので映像を見直すとタレントの足を触る手が写っていました。

そのお化け屋敷の幽霊が電話ボックスに現れる女性の幽霊なのかは分かりませんが、私はその女性の幽霊が行き場をなくしてお化け屋敷に出るようになったのではないかと思っています。

なぜなら電話ボックスからお化け屋敷の距離はさそど遠くないからです。

”廃校への招待状”で現れる手(体験談2)

これは、私と私の息子が体験した話です。

怖い話や、心霊映像などが大好きな私は、熊本にある三井グリーンランド内にあるアトラクション、廃校への招待状というお化け屋敷へ行きました。

当日は、家族4人でいったのですが、もちろん心霊スポットへ行くという目的は言っておらず、表向きは夏休みの子供たちの思い出作りでした。

子供たちは、たくさんのアトラクションにのって楽しんでいたのですが、私は他の乗り物には一切乗らず、最後に、そのお化け屋敷だけ入ると決めていました。

そのお化け屋敷は、同じ敷地内でも少し離れた場所にあり、カートで岡の上まで登っていかないといけないという、少し不気味な場所にあります。

実際にそのお化け屋敷では、途中で女性の声が聞こえたりだとか、何もないところで足首を触られるなどといった体験談がよく言われて、テレビでも取り上げられるほどの心霊スポットです。

その日、子供たちは一通り遊んで、もう帰ろうかという時間になった頃、おれ一人で行くからお化け屋敷だけ入らせてと家族に申し出ました。

別にいいよと許しが出たので、よし、いこうと思った時、息子が、僕も付いていくといいだしたので、仕方なく連れていくことにしました。

そして、いざお化け屋敷内に入ったのはいいのですが、息子がしがみついてゆっくり楽しむことができず、やっぱり、息子を連れてくるべきじゃなかったかなと思ったその瞬間、突然息子がなきだして、一向に泣きやみませんでした。

仕方なく、途中でお化け屋敷内からは出たのですが、その帰り道、息子が言った一言に恐怖を覚えました。

息子は私にこう言いました。

「あの足首触られるところが一番怖かったね」と。

当然のことですが、あの場所が心霊スポットであることは私しか知らず、息子いわく、急に泣き出した場所が足首を触られた場所だったそうです。

今でも息子は足首を触られるというアトラクションだったと思っています。

タイトルとURLをコピーしました