死者の手向け人形…祖母が見た「夢」の話

スポンサーリンク
死者の手向け人形…祖母が見た「夢」の話 葬式

祖母から聞いた話です。

祖母には生まれつき霊感があり、

よくかつて見たことのある霊や夢の中での出来事を

聞くことがあるのですが、今回の話はその中の一つです。

数十年前の夜、祖母はある夢を見たそうです。

その夢には彼女の叔父が出てきて、

彼女は夢の中で彼に話しかけました。

しかし何の返答もなく、叔父はただ彼女を見つめていたそう。

そんな叔父の様子を不思議に思いながら

祖母は彼の手元を見たところ、

そこには何やら小さな人形が。

何の人形なのか尋ねようとしましたが、

叔父はそのまま彼女から離れ歩き出してしまい、

そこで彼女の夢は終わってしまいました。

翌日、目を覚まして夢のことを

心の片隅に追いやりいつも通りの生活を続けていた祖母。

しかし突然電話が。

その電話で知らされたのは、

何と夢で出てきた叔父の訃報。

祖母は急いで身支度を済ませ、

叔父が暮らしていた街へと向かい彼のお葬式に参加しました。

突然の死に悲しみを隠せないまま叔父の棺桶に花を手向ける祖母。

その隣には叔父の友人の女性が

涙を流しながらある物を手向けていた。

祖母はそれを見て心底驚いたそう。

叔父の友人が手向けていたのは、

祖母が夢で見た人形と全く同じものだったのです。

後ほど話を聞いたところ、叔父の住んでいた地域では、

亡くなった人が死んだ後も寂しくないようにと

棺桶に人形を手向けるのが昔からのしきたりなのだそう。

叔父の死を図らずも夢の中で予知してしまった祖母。

その出来事があってからしばらくは夢を見ることが怖くなり、

眠れない夜が続いたそうですが、今は元気に日々を過ごしています。

この話を初めて祖母から聞いた時、

背筋が凍った事を今でも覚えています。

遺体の無い葬式~東京都内の山林にて~
私がまだ20代前半の頃、友人から聞いた話しです。 友人の友達A子は大の心霊好きで良く心霊スポットにいっては友達と写真を撮ったりして楽しんでいたそうです。 その日もA子は友達4人で都内の心霊スポットに行き肝試しをしたそうです。 ...
お葬式の後は塩をしっかり撒いてから家に入ろう
これは実際私が体験した話です。 お葬式が終わって家にはいるときは、体に塩をまく。という行動をしますよね。 私はお葬式のあとすっかり塩のことなんか忘れて疲れはてて家のなかに入りました。 家に入ってから塩を思い出したのですが、...
後からわかった溺死の真実(神奈川県某海水浴場)
某海水浴場での出来事です。 某大学の人達で、海へ遊びに行く事になりました。 海水浴場と言っても、堤防のある方に行ったようでした。 普段は遊泳禁止な場所だと思います。 仲間5〜6人で、海辺でバーベキューをしたり、楽しん...

コメント

タイトルとURLをコピーしました