新宿二丁目ゲイバー界隈にある廃墟に近づいてはいけない。人ではないものが見えました

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

私の家系

私の父は幼い頃から霊感が強く、何人か兄弟がいますが、私だけその感覚が遺伝してしまいました。

父ほどではありませんが、いるのがわかるというか、霧のような形で見え、何故か感情などはダイレクトに伝わってくるんです。

あの感覚はまさしく第六感で、上手く言葉では表現できない感覚です。

そんな私のいくつもある体験談の一つです。

水場に霊は集まる

昔から霊がいるところは決まっています。

空気が溜まるところ、水が溜まるところ・・・今回はその水に関するお話です。

私はよく”連れて”来てしまうので、意識的にそういう場所は避けていたんです。

でも、実際の水だけではなく、”水商売”、いわゆる歓楽街と呼ばれるところも何故か集まりやすいんです。

店を開けた瞬間に、この店にはいられない、そういう事も何度かありました。

でも、付き合いでよく遊びに行っていた時に体験した話です。

壊されない廃墟

私はゲイで、良く新宿二丁目に飲みに行っていました。

大体朝まで飲むので、何件かはしごするんですけど、その日は少し酔っていて、友人達と移動中に慣れない通りに入ってしまいました。

大通りからそんな離れていないその通りには、何故かとても寒く、私はすぐに違和感を感じました。

しばらくすると丁度道の角に不自然な廃墟があったんです。

5階建てくらいで、正直夜だったので、廃墟かどうかわからないんですけど、ビルの入り口には鎖と南京錠がされていました。

友人達が面白がって、その廃墟を開けようとしたんです。

「駄目だよ!!」

と言おうとした瞬間です。

一気に悪寒が走りました。

ふとビルを見上げると、4階くらいの道沿いの窓に、確かに人がいたんです。

くたびれたスーツを着たおじさんでした。

お前だな

はっきり見えてしまいましたが、それが”人”ではないことがすぐわかりました。

そして経験上、はっきりみえるのは不味い時なんです。

私について来ようとしている時か、”それ”が物凄く怒っている時・・・その時は後者でした。

酔ってふざけている友人達を力ずくで止めようとしましたが、何だか様子がおかしいんです。

異常に中に入りたがろうとしていて、その行動は興味の域を超えていました。

本当にまずい、と思い、深夜ですが、父に電話し、助けを求めました。

父に言われた、祝詞のような言葉を繰り返し唱えていたら、

少しずつ友人達も正気に戻り、その場を離れようとし始めたんです。

ホッと胸を撫で下ろした時です、父が真剣な口調で言ったんです。

「お前が気を付けろ」

そう言い電話を切られ、よくわからないまま帰ろうとした時です。

耳元ではっきり聞こえました。

「邪魔したのは、お前だな」

その廃墟には、以前は飲食店がいくつか入っていたようですが、とある飲食店で殺人事件があり、それ以降お店が入らず、何故か取り壊しもされていませんでした。

元々有名なようで、昼間、改めて建物を見に行きました。

あの時はわからなかったんですが、絶対にあのビルは入ってはいけません。

窓中の窓から、人ではないものが見えました。

あそこは既にもう、この世ではないのかもしれません。

第6トーアビル?新宿歌舞伎町ホストクラブがあるビルに、今まで見たことがないほどの…
私、霊感があるんです。 以前、お水をしていまして、その影響で、ある掲示板で怖い話の小説みたいなものを書いていました。 そこで、あるホストをやっている方からメッセージが来まして。 「うちのホストクラブが入ってるビル、視て...

【広告】復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法

タイトルとURLをコピーしました