悪霊とよばれる霊魂の3つの特徴

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

幽霊の中には悪霊とよばれる霊魂が存在します。

悪霊は読んで字のごとく人に悪さをする霊のこと。

それでは、早速悪霊の特徴を紹介していきます。

悪霊の特徴その1 49日を過ぎた霊魂が悪霊になる

よく、人の霊体は死んでも49日をすぎるまでこの世に居座り続けるといわれています。

なんでもその間に霊界にいく準備をするんだとか。

しかし、現世にやり残したことがある霊は成仏できず、この世に留まり続けてしまいます。

そして、この世に残された霊は日に日に異形のものに変貌していき、

この世の人間たちに悪さをするようになるのです。

悪霊の特徴その2 悪霊は魂が共鳴した人間にとり憑く

悪霊は魂が共鳴した人間に取り憑き、その人を不幸に陥れます。

例えば彼氏に振られて自殺した女性の霊は、

同じように恋人に振られて悲しんでいる人間に取り憑くのです。

そのため、最近不幸なことばかりがあまりにも連続的に起こっているかたは、

悪霊の存在を疑ったほうがいいかもしれません。

悪霊の特徴その3 強力な悪霊はその土地に根付く

映画にでてくるような、異形の悪霊は浮遊霊としていろんなところに現れません。

基本的に執念のある土地に根付き、そこに訪れる人に危害を加えていきます。

そして、1番最悪なパターンはその土地に訪れた人に共鳴し、その人に取り憑いてしまうことです。

普通の霊ならまだしま、悪霊に取り憑かれてしまうと、

追い払うのにかなりの時間と労力を必要とします。

そのため、なるべく危険だと言われている心霊スポットには近寄らないでください。

タイトルとURLをコピーしました