幽霊が出る、という噂を確認しにいって恐怖の体験!(愛知県新城市豊岡あたり)

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

まだ中学生時代、みんなでテントを張って寝ようと提案し、

新城方面に湯谷温泉方面近辺まで自転車で2時間くらい走り、テントを張りました。

今思えばおかしな思いつきの行動でしたが、当時はそんな短絡的な行動も面白くて、

よくつるんでやんちゃなことをしていました。

川沿いで、うえには道路という場所にテント4つ張って、

男女4人ずつそこで夜を明かした、それだけのことなのですが、

その場所には

「幽霊がでる」らしいという噂があり、

自分達はその噂が本当かどうかを確かめてみよう、

というのが当初の目的でした。

しかし、その夜は仲間と一緒にいたこともあり、もう2時間以上も走った疲れもあって

そんなことはすっかり忘れて寝転んでいました。

そろそろ眠気が差してきた頃、テントがぐわん、ぐわんと感じるくらいに揺れました。

たぶん皆もそれを感じたと思いますが、まぁ、多少の風はありますから特に誰も、何も言いませんでした。

と、次の瞬間、今度はテントの4方面から

「ぎゅっ!」と押されているような衝撃を感じました。

「おいおい、だれだよ、いたずらすんな!」と誰かの声がして外に出たやつがいたのですが、

自分達は勿論テントの中。

それよりそのテントでも同じことが起こっていたことを知り、びっくりしました。

聞くと、4つのどのテントでも同じように揺れたり、抑えられたりした感じだった、というのです。

それぞれのテントから代表して一つのテントに集合し、

確認に行った自分達は今度、恐怖から出れなくなってしまいました。

周囲のテントでは、不安な声が漏れ出します。

そして、まだこの恐怖体験は続きました。

眠れないまま朝を待っていた自分たちの耳に、鈴の音が聞こえてきたのです。

「チリン・・チリン・・」そして、その音色は次第に強くなってきます。

そして、自分達のテントの前で音色はぴたっと止まりました。

たまらず勇気を出してテントから飛び出した友人が見たのは、

ぼや~っとした、幻のような人影だったというのです。

即効テントに戻った友人からその光景を聞いた直後、

異常な緊張感が周囲のテントにも伝わり、女の子は泣き出し、自分達も恐怖で凍りつきました。

朝を待って急いで来た道を引き返して以来、もう、二度とあの場所に行くことはありませんでした。

タイトルとURLをコピーしました