大阪、梅田の『泉の広場』に出る、赤い服の女

スポンサーリンク
大阪
この記事は約2分で読めます。

大阪在住30年、学生時代に友人と遊ぶときは、よく梅田で待ち合わせをしました。

JR大阪駅、地下鉄各線が集中する大阪・梅田で、待ち合わせ場所として人気のスポットが何か所かあります。

その中の1つである『泉の広場』。

『ホワイティうめだ』という地下街を歩くと、

待ち合わせをする人たちでにぎわっているので、すぐわかると思います。

昼間は老若男女でにぎやかな場所ですが、夜、10時を過ぎるあたりから様相が変わってきます。

待ち合わせする人たちの毛色も、昼間の学生さんや会社員、家族連れから一変して、

バンドの打ち上げの待ち合わせらしき奇抜な格好の人たち、

誰かを待つ目的があるのかないのか、ボーっと立っている妙齢の女性…などなど、

「夜のディープな大阪」を感じさせる場となります。

さらに夜がふけると、泉の広場には独特の雰囲気が流れます。

地下であるというだけでは説明しきれない閉塞感、それでいて誰かが見ているかのような気配を、霊感がない人でも感じられると言われています。

なかでも、『赤い服の女』の話は大阪人のなかでは有名です。

噂は諸説ありますが、大体は、夜、泉の広場を通りかかると、黒髪で赤い服の女がたたずんでいるのが、見える人には見えるというものです。

OL風だとか、黒髪がバサバサしているとか、目が全部黒目で一目で

「この世のものではない」と感じるなどとも言われています。

この女性の由来は、風俗関係の仕事をしていて殺された女性だとか、

婚約者を待っているだとかも言われていますが、

見てしまった人は良くない印象を受ける、

または良くないことが近々起こると言われています。

【ビックカメラなんば店の幽霊】千日前デパート火災の心霊体験談や怖い歴史
ビックカメラなんば店は繁華街にあり毎日大勢のお客さんで賑わっています。 にもかかわらず、心霊スポットとして見られていたリ、 ビックカメラなんば店の前にはタクシーが止まらない、幽霊をみたなどの噂もあり、 怖い話には事...
タイトルとURLをコピーしました