埼玉嵐山町の心霊スポット「いっぺいそう」での恐怖体験

スポンサーリンク
埼玉嵐山町の心霊スポット「いっぺいそう」での恐怖体験 埼玉
この記事は約4分で読めます。

もう何年も前の話ですが。

今からもう30年くらい前になります。

当時大学生だった自分は

友人数人と地元近くの心霊スポットに行くことになりました。

自分は小さい頃から多少霊感があり、

心霊スポットと言う所に行くのは

すごく嫌でした。

でも友人たちにとっては

大変ありがたい存在だったみたいです。

今回も嫌々同行することになりました。

車でおよそ1時間30分。

そこは埼玉県の嵐山町。

時間は夜中の0時を少しまわったくらい。

目的地は「いっぺいそう」。

地元では結構有名な心霊スポットです。

建物自体は火災で焼けてしまい

跡地だけなのですが、慰霊のお金をせがむ

謎の老婆が出没するとか、

違う意味でも怖い場所でもあったみたいです。

今と違って携帯もナビも無い時代なので、

正確な場所に着くまであちこち

うろうろしてしまい、

時間は午前1時をまわった頃、

恐らくここだろうという場所に。

近づきたくない

その場所までは車で近づけないので、

少し離れた場所に車を止め歩いて向かうことにしました。

一歩一歩近づくうちに自分は寒気を覚え、

これ以上近づきたくないと本気で思い始めました。

目的地まではまだ距離があるのですが、

自分はここで待つことにし、

友人たちは現地へ。

20分くらい待ったところで、

みんなが戻ってきました。

跡地なので何も感じない人には、

ただの空地なのでつまらないのかもしれません。

自分もようやく離れられると、

ほっとしたのですが、

まだ嫌な気配は消えません。

怪現象の連続

友人達は半ば肩透かしを食らったような表情で、

「怖くも何ともなかったな」

などと話をしながら車に戻り帰ることに。

しかし一向に車を走らせる様子もなく

「どうした。早く行こうぜ」

と友人のひとりが声をかけたのですが、

運転手が青ざめた顔で

「エンジンかからないんだよ」

と何度もキーをひねりながらつぶやきました。

5分くらい何度も何度もキーを回し、

ようやくエンジンがかかり、

車を急いで走らせた途端、

今度はライトが消えました。

一瞬車を止めましたがすぐに発進。

そう道路に沿って街灯が並んでいたので、

その明かりを頼りに少しでも、

早く現場から立ち去ろうとしたのです。

ゆっくりですが少しずつ進む車。

でも頼りにしていた街灯も、

なぜか背後から順々に消えてくるのです。

一瞬で周りは闇でした。

友人たちはまさかこんな事が起こるとは

想定していなかったみたいで

半分パニックでした。

自分は相変わらず嫌な気配は消えていないので、

なぜか知らないけど心の中で

「ごめんなさい」

と繰り返していました。

そして10分くらいたった後、

何もなかったように嫌な気配は消え、

街灯も復活し車も何も問題なく

動き始めたのでノンストップで帰りました。

翌日友人から車の後部バンパーのあたりに、

無数の手形が残っていたと聞かされました。

やっぱり心霊スポットは、

あまり行きたくないと

思っていた20代の頃の話でした。

伊奈屋敷跡で恐怖体験!(埼玉県)
伊奈町にある、とある民家の跡地のお話です。 もともと、家族4人で暮らしていたそうですが、 破産してしまって一家心中してしまった家だったそうです。 首を吊ったりし、自殺してしまった家族が住んでいたそうです。 生活感が残...
家族一緒に仏壇を探しに来たおばあちゃん(埼玉県内某仏壇屋)
私の親戚の女性が、お仏壇屋に勤めていた時に体験した時の話です。 ・家族5人で来店 お仏壇屋の店舗勤務になった彼女は、お客様が来店すれば接客をしなければならず、 休憩時間も、休憩室にあるモニターで常に店舗内を見ながらの休憩だ...
埼玉県南部、難病病棟のナースコール(医療系の事務員の体験談)
私は医療系の事務員をしています。 病棟クラークとして、難病病棟に勤務しています。 ちなみにそこは3階です。 基本的に快方に向かうことは少なく、 現在の科学では治療しきれない病気での入院患者が多いので、お亡くなりになる...

コメント

タイトルとURLをコピーしました