地元では噂の心霊トンネル、山口県宇部市小野湖

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

そのトンネルは地元では有名な心霊スポットで、

昼間でも薄暗く、あまり気持ちのいいところではありません。

噂によると、

「トンネルの真ん中でライトを消して、クラクションを鳴らすと幽霊がでる。」

という、よくある話でした。

免許を取り立てだった私は、当時の彼氏(A君)と、その友達(B君)と三人で遊んでいました。

運転はB君、後ろに私とA君が乗って深夜にドライブしていました。

突然B君が

B君 「よーし!肝試ししよーぜー!」

そういって走り出しました。

私 「え。。どこいくの?」

そう聞いても黙って車を走らせ続けました。

段々と、噂のトンネルの方に向かっている気がして

私 「ねぇ、まさかあのトンネルじゃないよね?」

B君 「そうそうー!よくわかったなー!」

一瞬凍りました。

私 「ねぇ、やめようよ。。あそこ気持ち悪いよ、こわいよ。」

そういっても車は止まる気配はありません。

A君 「まぁ、通りすぎるだけだし、暇だし。」

彼もちょっと楽しんでいて全くとめてくれません。

そうこうしているうちに、トンネルについてしまいました。

B君は、車をゆっくり走らせてトンネルに入っていきました。

そのトンネルは短いので電灯がついておらず、真っ暗でした。

トンネルの真ん中についてB君は、静かに車をとめました。

何かきもち悪く、怖さを感じた私は半分パニックになり

、怖さのあまり伏せながら

私 「ねぇ、もうやめよう!」

そういいました。それでも B君はやめず

B君 「よし、じゃあ鳴らすぞ!」

そういってライトを消し、クラクションを鳴らしました。

私「いやー!こわい!まじやめて!もうでようよ!」

そういって、伏せていた顔を上げたときです。

外に誰かいる。

横目にですが、ドアの外に誰か立っていました。

その人はピッタリと車の横に立っていて、首から下が見えました。

髪は長く、白いオーラのようなぼやけたようなそんな感じの女性でした。

もうこれはヤバい。逃げないと。

そう思い

私 「早くでて!早く!」

そういうと隣の彼が急に

A君 「早く出ろよ!急げ!」

その声にびっくりしてB君は急いで車を走らせました。

近くのコンビニについて車を降りると

B君 「二人ともびびりすぎ。」

そういって笑っていました。

私「いや、だっていたんだもん!なんかいたんだよ!」

そういうと彼が

A君「え。。お前もみた?もしかして。。お前のドアの外側?」

私 「そうだよ、そう!え?みたの?なにみたの?」

そういうと

私 A君「髪の長い白い女」

二人の声が揃いました。

気のせいと思いたかった。

でも二人は同時に見てしまいました。

冗談をいうような人ではなかったし、本当に怖がっていました。

それ以来、あのトンネルには行っていません。

タイトルとURLをコピーしました