北海道某所の真夜中の病院での出来事

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

これは私の父親に聞いた話です。

父親が生まれたのは戦後間もなくの事で、その頃は兵隊さんが病院に沢山入院していたそうです。

そして輸血には、まだまだ血液が足りない時代でした。

その頃に実際にあった話です。

ある病院の病室、そこは8人部屋でした。

夜は癒えない病気からか、疲れて皆ぐっすりと寝入ってしまうのですが、

Aさんは(仮名)その夜はなんだか眠れずに目が冴えてしまっていたそうです。

Aさんは窓際の端に眠っていたそうですが、ドア側にいたBさん(仮名)は夜中に病室を出ていったそうなのです。

あくる日もあくる日も、その夜中の出来事は続きました。

「あいつ真夜中に何処に行くんだろう。」

AさんはBさんの行動が気になって仕方ありません。

もし明日Bさんが夜中に同じ行動をしたら、明日こそは付いて行ってみよう、そう決心したのです。

あくる日の夜中、Bさんがいつものようにベットから抜け出すと早速Aさんも跡をつけました。

スリッパの音は響くので素足で後をつけました。

ピトピトピト・・・足跡が不気味に感じました。

「あいつ何処まで行くんだろう。」Bさんは何処までも何処までも迷わず進んで行きます。

たどり着いたのは、地下の血液が保存して有る部屋でした。

「あいつ何をしているんだろう。」暗くてよく見えません。

Aさんはもう少し近づき目を凝らしました。

「あっ・・・」思わず息を呑みました。

Bさんは血液を飲んでいたのです。

Bさんの口の周りは血で真っ赤でした。

驚いたAさんは微かに物音を立ててしまいました。

「誰だ!!!」

Aさんは急いで病室に戻りました。

そしてガタガタ震えながら布団に潜り、寝たふりを続けていました。

Bさんが病室に戻ってきました。

Bさんは一人づつ一人づつ、病室に眠る足の裏を触っています。

「何故だ?あいつは何をしているんだろう・・・そうか!

今まで後を付けた奴を探しているんだ、廊下を歩いていたから、

後を付けた奴の足の裏は冷たいからだ」Bさんの行動の訳を知りゾッとしました。

また一人また一人とBさんは足の裏を触っていきます。

4人目、5人目、6人目・・・次は俺だ、相変わらず足の裏は冷たいままです。

触られたらバレてしまう。

しかし、BさんがAさんの足の裏を触ることは無かったそうです。

Aさんはいつの間にか眠りに落ちてしまいました。

翌朝、ベットにBさんの姿はありませんでした。

その日以来、Bさんの姿を見ることは有りませんでした。

あの日の夜、Bさん自身のを除く6人の足の裏が冷たく無かったと言うことは、既に後を付けたのはAさんで有ると分かっていた事になりますよね。

あの世から電話がかかってくる病院(札幌市西区)
札幌市西区の病院 (現在は廃業して跡地は住宅になっています。住んでいる方の心情を考慮して詳細は伏せさせていただきます) 私がその病院に配属されたのは今から10年ほど前のことでした。 当時で開業して30年ほど経過した病院で、建物...
タイトルとURLをコピーしました