「ママを待ってるの」旅館にて人魂らしきものが浮遊

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

ある旅館に宿泊した時のことです。

その日は雨が降っていたので、観光は変更になって直行で旅館にチェックインすることになったのです。

私たちが予約した部屋ではなく、あまもりがしたので、別な部屋に泊まることになったのです。

入った瞬間、霊感のある私は、ぞくっと感じがしたのです。

最も気になる所が押し入れの上です。

私は、友達に押し入れは開けないでねと言っておいたのですが、

友達とお風呂から戻った時には、押し入れが10センチほどでしょうか、開いていたのです。

友達にお風呂に行く時、開けたでしょと聞くと、開けてないといったのです。

でも、現に開いているのを実際に確認しているので、ここのスタッフの方が布団を敷きに来て閉め忘れたのかと思ったのです。

疲れていたのでそのまま布団に寝っ転がり、友達といろいろ話していた時に気づいたら、

私と友達は寝てしまったのです。

時間としては深夜だったと思います。

押入れのふすまを閉めたはずだったのですが、また、開いたのです。

布団に入って横になった状態で押し入れの方を見ていたら、人魂のようなものが出てきて天井当たりを浮遊していたのです。

私は怖くなって布団を頭からかぶっていて、しばらくして布団から顔を出したら、私の横に女の子が正座をしてじっと私の顔を見ていたのです。

今までも霊をみたことがあるので、怖いと感じなかったので、

「心の中で何でここにいるの?」と問いかけた時に、

その女の子は「ママを待っているの」といったのです。

「ママはどこにいるの?」と聞くと、「死んじゃったの」と言ったのです。

「どこで?」と聞くと「お姉ちゃんがいる所で」と答えたので、慣れている私も鳥肌が立ったのです。

「私はあなたのママではないのでごめんなさいね。」と言うと、その女の子は押入れの中に消えていったのです。

今でもママが来るのをずっと待っているのかなって感じがします。

タイトルとURLをコピーしました