1つの自殺からはじまった、とある家族の不幸(千葉県の田舎町)

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

これは私の祖父が体験した話です。

詳しい住所などはいえませんが、今回の話の舞台は千葉県の下の方にある田舎町。

ある一家の不幸を紹介します。

・1つの自殺から起きた一家の不幸

その日は夏ということもあり、気温がものすごく高く、

祖父は大量の汗をかきながら農作業をしていました。

そろそろ休憩しようとしたころ、近所のAさん(仮名)が物凄い形相で近寄ってきたそうです。

Aさんは還暦をむかえた女性で夫、娘、息子という家族関係だったそうですが、

息子は家をでていたため、普段は夫と娘と3人暮らしをしていました。

そんなAさんがガラにもなく慌てていたそうなので、私の祖父が声をかけると、

なんと自宅で娘さんが首吊り自殺をしており、ちょうど誰かに助けを求めに外を出たところ、

私の祖父と出くわしたそうです。

結局娘さんはそのまま亡くなったそうで、しばらくAさん夫妻は憔悴しきっていたそうです。

・しかし、不幸はまだ終わらなかった

結局娘さんの自殺の理由が分からぬまま、半年が過ぎようとしたころ、

Aさん一家にとある事件がおきます。

なんと、息子さんが釣りの途中に心臓発作で死亡。

そして、その2ヶ月後には夫に末期の癌がみつかり、ほどなくして亡くなってしまったのです。

この話は約40年前の話なので、Aさんがどうなったかはわかりません。

しかし、町の人々は口を揃えてこういっていたそうです。

「自殺した娘さんが他の家族をあの世にひきづり込んだ」

なぜ、娘さんは自殺したのか?

そして、なぜ立て続けに夫と息子さんは亡くなったしまったのか。

真実を知る者はもう、この世にいません。

タイトルとURLをコピーしました