霊スポットの炭坑跡地へ肝試し~北海道~

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

数年前、北海道では有名な心霊スポットへ行った時の恐怖体験です。

まだ私が免許を取ったばかりの頃、車を持った楽しさで友達と

4人で車で1時間ほどの心霊スポットに行くことにしました。

そこの心霊スポットには私とその時一緒にいた友人の1人と2人で行ったことがあり、

場所を把握している場所でした。

しかし、いざ4人で向かうとなかなか辿り着かず道に迷ってしまい、

車で1時間の道のりを3時間かけて、ようやく心霊スポットに辿り着きました。

そこはいわゆる炭坑跡地で、昔事故でたくさんの人が亡くなり

そのまま誰もいなくなってしまったという場所です。

夜の2時頃に出て3時頃に着く予定が迷ってしまったせいで5時を過ぎておりすっかり夜が開けていました。

私達は入口の近くに車を止め明るくなった心霊スポットを歩くことにしました。

心霊スポットは2箇所に分かれており、一つめは映画館、二つめは病院となってました。

最初は4人で一緒に映画館に入りました。

特に何事もなかったのですが、私は何故か怖くなり帰りたいとみんなに言いました。

しかし、聞いてもらえず私だけが1人車に残ることになりました。

病院の入口まで行って帰って来るから30分から1時間くらい、

もし何かあったら大声で叫ぶもしくはクラクションを鳴らすこと、

人気の無い山道なので鳴らせば聞こえるから、と言われました。

その頃はまだ携帯だったのですが、電波が通じないため

車の中で身を潜めながらみんなが戻るのを待ちました。

しかし、1時間経っても戻ってきません。

心配になりクラクションを何度も鳴らしましたが戻ってくる気配はありません。

私は心配になり泣きながら車の周りで叫びましたが、答えは帰ってきません。

更に1時間が経ち、みんなが行ってから2時間が経過した頃、

私は我慢出来ずみんなが歩いていった方に向かって歩き出しました。

怖かったですが、これ以上待っていて何かあっては困ると思ったからです。

しばらく歩くとようやく3人がこちらに歩いて来るのが見えました。

私は泣きながら3人に駆け寄ると3人は不思議そうな顔をしていました。

私は何度もクラクションを鳴らしたり、大声を出したこと、2時間も待ったことを話しました。

3人はとても驚いていました。

3人の耳にはクラクションの音や声は聞こえず、何より2時間も経っていたことが不思議だったそうです。

3人に話を聞くと、病院の入口まで行ったが私が待っているのが心配ですぐに戻ってきた、とのこと。

私達は一目散に帰りました。

朝の7時に家に帰り母が起きていて出迎えてくれたときは本当に安心しました。

それ以降あの心霊スポットには行っていません。

あの世から電話がかかってくる病院(札幌市西区)
札幌市西区の病院 (現在は廃業して跡地は住宅になっています。住んでいる方の心情を考慮して詳細は伏せさせていただきます) 私がその病院に配属されたのは今から10年ほど前のことでした。 当時で開業して30年ほど経過した病院で、建物...
タイトルとURLをコピーしました