霊を見たり声を聞いてしまった場合の対処法

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

貴方は幽霊を見たことがありますか?
この世のものではない声を聞いたことがありますか?
出来ればそんな怖い体験したくはないですよね…。
もしそんな目にあってしまった場合に「どう対処したらいいか」をご紹介します。

よく言われている「お経を唱える」はNGです。

霊は「貴方に成仏させてもらえる」と思っていつまでも去ってくれません。
また金縛りにあっていて声が出せない場合もありますよね?

特に霊力の強い人以外は心の中で
「私には何も出来ませんからここではなくどこか別の所で成仏させてもらってください」
と霊に向かって語りかけることです。
相手が何を言ってきても無視してひたすら
「私には何も出来ませんからいなくなってください」とお願いし続けてください。

結界を張る方法として有名な「九字切り」等もありますが、
素人が下手に九字切りを行い、順番を間違えた場合危険な状態になります。

とにかく「いなくなってください!」と”お願いしつづける”事が一番です。
(「消えろ、コノヤロー!」と言った「怒り口調での念じ方」も
霊が怒って悪さをする可能性があるのでやめてください)

みえた霊が親戚や友人だった場合

もし見えた霊が知人、例えば貴方の無くなった親戚や友人だった場合
何か伝えたい事が合って現れた可能性があります。

ずっとお墓参りに行っていなければ行ってみてください。
「無くなった祖父が夢枕に立って気になって久々に帰省したら墓石が倒れていた」
と言った話はよく聞きます。

お墓参りに行っても特に何もなかった場合、
生前霊が住んでいた場所や気に入っていた場所に行ってみてください。

霊が親戚でもう住んでいた家がない場合、跡地に何か異変があるかもしれませんので一応見て回ってください。
その際に既に他人名義の土地になっているようでしたら、
あとで不法侵入で訴えられないように持ち主か管理会社の人に話をしてちゃんと許可を取ってからにしましょう。

生前に一緒に訪れた場所があれば行ってみて「以前来た時と変わった点がないか」思い出してみてください。
例えば「樹齢百年超えしていそうだった樹が切られていたり腐りかけていたりする」場合があります。

私が経験している範囲では、その土地のご神木を祈祷もせずに
切り倒してしまったために近隣で事故が相次いで起こり、
その「事故が起こる範囲」がどんどん広がって来て私の住宅のすぐ側まで来てしまい、
私自身も交通事故にあったのでやむなく転居をしました。
(命があるのは人間だけではないのだなぁ…とその時改めて思いました…)

公共の場所(公園や神社など)であれば管理している事務所に
樹齢の長い思い当たる樹木について聞いてみると良いかもしれません。

友人の場合はお宅にお邪魔してみるのが良いでしょう。

(「久しぶりにお線香を上げさせてください」と言えば問題はないはずです)
その際に最近何か変わったことがなかったかさり気なく聞いてみてください。

家族の方にも何か合ったようであれば貴方の所に来たという事も話して相談してみましょう。
特にないということであれば
「ただ貴方に来て欲しかっただけ」かもしれないので
「ずっとご無沙汰してごめんね」とお参りしておいとましましょう。

霊に取りつかれているかもしれない場合

何日も続けて現れたり決まった時間にいつも来る、となったら
まずは知人に霊能者(商売にしていない人)がいないか思い出してみてください。
いればその人に相談するのが一番です。

いない場合は仕方がないのでネットの口コミを調べて
「除霊をしてくれる霊能者で良さそうな人」を探して除霊を依頼してください。

その際には1回の除霊で済むかどうか等の確認もしっかりとしてください。
(今後現れないように、と変な壺などを売りつけるような霊能者はインチキです)

とにかく霊能者や霊力の強い人でその操り方を知らない人は霊には直接関わらないことが一番です。

タイトルとURLをコピーしました