親戚のおばちゃんの葬儀の時に写っていたもの

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

最近、親戚のおばちゃんが亡くってから何故か夜ゆっくり眠れなくなってきた。

その親戚のおばさんが亡くなったと言う知らせがある前にこのような夢を見た。

私が小さい子供の頃に戻っていて親戚のおばちゃんが
「もう会えなくなるけど、しっかりあなたは生きてね。」と言っていたことを思い出した。

その夢の事を葬儀の時に「フッ」と思いだし何かのメッセージのように思えた。

葬儀の時にこのことを親戚のおばちゃんの娘さん(従妹)に話したら、「私も似たような夢を見た。」と話していた。

「テレビとかで良く聞くけど、そんなことがあるのだね。」と話していた。

葬儀で家族の集合写真を撮って親戚のおばちゃんの娘さんがその写真を現像した時に白いものが写り込んでいて、
親戚のおばちゃんの娘さん(従妹)が言うには、「別にこの写真を見て怖いと思わないね。ウチのお母さんは(亡くなった親戚のおばちゃん)目立ちたがり屋だったので、写真に写ってみんなに忘れて欲しくなかったのじゃない。」と家族みんなに伝えたら、家族みんなはその意見に納得した。

テレビなどで見る心霊写真などは「気持ち悪い」というのが、
だいたいの方はそのように思えるのだろうが、私たち家族が見たその写真は何故か「良かった。」と言う思いになった。

その葬儀の家族の集合写真はパソコンやDVDにデータを落として大切に保管するようにした。

葬儀の写真は普通は嫌なものですが、良い思い出が出来たなと思える写真でした。

タイトルとURLをコピーしました