私は見ていませんが、名古屋にある鉄鋼所で噂になったジーパンの男性の幽霊の話

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

私が直接見た話ではないのですが、名古屋にある鉄鋼所で、ジーパンを履いた男性があらわれるという話を聞きました。

この鉄鋼所では、けが人も多かったのですが、死亡者も多い事で有名でした。

その場所では、昔、トイレで亡くなっていた人がいたそうです。

そのトイレは、今ではアスファルトで埋めてしまったという事で今はありませんでした。

その死亡の動悸としては、仕事が辛くて退職したいお願いをしていたのですが、
それが受け入れられず、自殺したとの事でした。

それからしばらく立って、そのトイレの近くでジーパンを履いて歩いている人を見た
という人が沢山いたようです。

その鉄鋼所では、工場無いを歩く時は、作業着を来て、脚絆をつけて安全靴をはき、ヘルメット
を付けなければならない決まりでした。

しかし、その人に話かけて注意してもこちらを見て、曲がり角で、消えてしまうという事でした。

それから、20年はその噂も消えていたのですが、最近になってまたジーパンを履いた男性を
見たという情報が多数あったそうです。

私達は、ぜんぜん知らない話だったのですが、課長クラスの人たちは思い出して騒いでいると聞きました。

その実際に退職を受付なかった方は、定年退職していました。

その方は、定年退職してから、2年後に交通事故で亡くなったとの事でした。

これは、この話とは関係ないと思いますが、周りが騒いでどんどん話が大きくなっていったみたいです。

最近は、出てこなくなったみたいですが、そのジーパンを履いた男性がだれなのかはわかっていません。

とりあえず、私はそこを避けて工場に入っていました。

タイトルとURLをコピーしました