沖縄の国際通りですれ違った米軍さん

スポンサーリンク
幽霊への対処
この記事は約2分で読めます。

これは、私の友人が実際に体験した心霊体験です。

私の友人は沖縄の出身でした。

そんな彼は、幼い頃から霊感がとても強く、しばしば心霊体験をしていたと言います。

そして、そんなある日、ふつうに道路を歩いていた所、少し向こうの方から1人の米軍兵が歩いてきたといいます。

沖縄の国際通りでしたから、米軍を見かけることは、珍しくありません。

しかし、徐々に距離が縮まってくると、その米軍兵の様子がおかしいことに気づきます。

顔は真っ青、体はボロボロさらに奇妙な歩き方をしていたらしいのです。

それを見た友人は、とっさにこの世のモノではないと確信しました。

ガクガク震え、その米軍兵を直視できませんでした。

その当時霊感が強かった友人は、親に強制的に霊除けとして、常に塩を持ち歩くように言われていました。

どうか、何もないようにとお願いを込めて、強く塩を握り締めました。

とにかく、今までも塩さえ握っていれば何も起こることはありませんでした。

そんなら彼は塩だけが頼りでした。

そして、米軍兵との距離はどんどん縮まってきます。

その度に、冷や汗がすごい勢いで出たそうです。

15m……10m……5m……もう目の前です。

「よし、通り過ぎるぞ…」と油断をしてしまい、そして、何事もなく過ぎようとしたその時、

その知人の耳元で

「 ……その塩、意味ないよ……」

なんとも、恐ろしい声色でその一言だけ置いて、その瞬間姿を消したらしいのです。

果たして、彼は誰で、どういう目的で現れたのか。

タイトルとURLをコピーしました