恐怖の猪苗代お化けペンション、オバペン(福島県猪苗代付近)

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

福島県の猪苗代近辺にあるお化けペンション、通称オバペンと言われているとこがあります。

かれこれ、10年以上前の話になります。

福島県民の若者なら知ってる有名な心霊スポットです。

私も若かったので、興味本位で行くことになりました。

季節はもちろん、夏でした。

男3人、女2人で車で行きました。

一時間ちょっと車でかかります。

最初は車の中も騒がしく、楽しかったんですが、

いざ、オバペンの近くまでくると、急に静かになるんです。

心霊スポットと言われるだけあって、県道から脇道に入り、林の中を通りました。

オバペンの周りには何もなく、錆びれたオバペンがポツンとありました。

それだけで十分怖いんです。

真夜中の、2時頃でした。

もう、お化けが出てくる時間じゃないですか?

男2人は、「早く中に入ろうよ!」と言いましたが、

私はあまりの恐怖に絶対に無理と言って拒絶しました。

私の女友達も車で待ってることになり、

男友達の一人も怖くて車に残ることになりました。

ペンションの中は地下があるらしく、確認してくると二人は行きました。

その間、私たちは怖さを紛らわすために、明るい曲をガンガンかけて歌っていました。

10分くらいで二人が戻ってきました。

地下に行く階段はあったけど、そこから先は怖くて行けなかったと言っていました。

だた、家の中はやはり、私たち同様に興味本位で来る人たちがたくさんいるため、

かなりボロボロだったり、スプレーなどで落書きがされてて、

そのせいであまり怖くはなかったそうです。

地下は真っ暗で怖かったみたいですが。

あそこに行くまでの林の中も十分怖かったですし、興味本位で行くもんじゃないなと思いました。

今は建物自体残ってるか不明ですが、もしみなさんも

心霊スポットと言われるところに行く場合は覚悟してから行ってください。

タイトルとURLをコピーしました