夢の中で自由自在に動ける…『明晰夢』の見方

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

私は人より眠りが浅いのか、よく夢を見ます。

夢の内容もしっかり覚えているほうで、色もあり感情もありストーリーもあります。

今から約10年前、10代の頃、

やたら「夢の中で、これが夢の中だと気付く夢」を見る時期がありました。

夢の中で、普通に私はふとんに寝ていて、朝が来たと思って起床します。

普通に朝ごはんを食べて学校に行くのですが、何かがいつもと違う。

学校に誰もいなかったり、みんながいても、いつもと表情がどこか違ったり。

私だけがパジャマ姿だったこともあります。

そんなとき、「なにかがおかしい。あ、これ、夢だ」と気付いて、

早く夢から覚めなければ、と思って、

夢の中の私は、なぜか頭を、固い壁や床に打ち付けます。

そして気を失い、ハッ!と、また布団で寝ていて起きるところから始まるのです。

夢の中で何度も夢と現実の区別がつかない夢を見て、何度もめがさめて何度目かにようやく、

本当の現実で目覚める、といった時期があり、

おかしくおもって色々調べると、夢の中で「夢である」と意識があり、

自分の意志で動ける夢は「明晰夢」と呼ばれているとしりました。

私の夢の中は暗い雰囲気がしたので、すぐ目覚める行動に出ましたが、

自在に動けるため、努力をしてこの夢をみようとする人たちもいるようです。

具体的には、「夢日記をつける」「寝る前に瞑想をする」「どういう夢がみたいか具体的にイメージする」

などをすると、夢と現実の境目がゆるみ、夢の中で好きな行動がとれるようになることがあるそうです。

ただ気を付けたいのは、夢と現実の区別がつかなくなって、事実かは定かではないですが、

現実でなかなか意識が戻らなくなった、という怖い話も聞きます。

明晰夢をあまり頻繁に見る場合は、精神が現実にたえられず疲れていたり、

いろいろな心配事があるときも多いようです。

ほどほどに、好きな夢が見られるのがちょうどよいかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました