古戦場・大阪城公園周辺に巣食う、謎の黒い影

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

【古戦場でもある大阪城公園】

ライブに訪れた観客でにぎわう大阪城ホールが存在し、

春には花見客でにぎわう大阪城公園は、

感じやすい人の間では『出る』とささやかれている場所です。

華やかな反面、様々な目撃談やうわさがささやかれています。

桜の木で首を吊る人が何人も出て、深夜通ると人魂を見た、など、

夜になると木々が鬱蒼として、都会の明かりとは対照的な雰囲気に包まれます。

大阪城公園は、江戸時代には大坂夏の陣、冬の陣の合戦が行われた場所で、

膨大な数の死者を出した古戦場でもあります。

そのためか落ち武者の目撃談も多く、

今でも聞こえる人には、合戦の声が響いたりするそうです。

【テントをのぞきこむ気配】

大阪城周辺の芝生が生い茂った広場は、バーベキューや、大人数で行う体操やヨガのイベントなど、

様々な用途で使われるレジャースポットでもあります。

私の友人から聞いた話ですが、サイクリングが趣味の彼女は、

大阪城を囲むお堀の近くの芝生で、テントを張って一晩眠ることにしたそうです。

深夜、眠っている彼女のテントの回りを、何者かが歩く気配で目を覚ましたそうです。

他のサイクリング仲間は、少し離れた場所にテントを張っているはずだし、

時計は深夜三時、何か用があったとしても、

テントの回りをぐるぐると歩き回るようなことはしないはず…

と思っていたら、ゾッと悪寒がしてきたそうです。

変質者か、それとも…?と思って、彼女が意を決してテントの中から外を懐中電灯で照らすと、

そこには何人もの、真っ黒いシルエットだけの人たちがいたそうです。

いまだに彼らが何だったのかわからない、とつぶやいていました。

【ビックカメラなんば店の幽霊】千日前デパート火災の心霊体験談や怖い歴史
ビックカメラなんば店は繁華街にあり毎日大勢のお客さんで賑わっています。 にもかかわらず、心霊スポットとして見られていたリ、 ビックカメラなんば店の前にはタクシーが止まらない、幽霊をみたなどの噂もあり、 怖い話には事...
タイトルとURLをコピーしました