写真で片足がなかった。その後の出来事

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

これは妹の結婚式の2次会の時に撮影した写真についてなのですが、現像すると妹の左足が消えていました。

何かの間違いだろうと気にしてはいたものの放って置いたのです。

2週間後、妹は交通事故に遭い左足を骨折してしまいました。

その時に、あ!あの写真左足なかったよね?ってなって鳥肌が立ちました。

妹が退院してからいつも行ってる供養してくれるお寺に行き、説明するとお寺さんは

「これはここで亡くなった女の子の地縛霊です。左足骨折という事ですが、放って置くとまだまだ悪い事が起きます」と言われました。

妹は霊感が強いので

「よく、家で女の子見かけるんですよ。生きてる子じゃない女の子を。でも、よく霊は見えるので気にしてなかったんですが、これはついて来たって事ですか?」とお寺さんに聞くと、

妹に「あなたにかなり救いを求めています。なので、また見たら「力になってあげられない」と伝えて下さい」と言いました。

それにかなり強い霊らしく妹だけじゃなく周りの家族にも影響与える可能性が高いとまで言われ、家族でお祓いを受けました。

お祓いし出して暫くすると、急に妹が苦しみだし、お寺さんが更に声をあげて妹の側に寄りお経を読み出しました。

泣きわめく妹を見守るしか出来なくて、かなり供養に時間がかかりました。

妹は落ち着き、普通に戻りました。

すると妹の長男(霊感が強いです)が「あ、女の子だ!あ、消えた!」と言い出しました。

無事、お祓いも終わりお寺さんは「かなり強い地縛霊でしたね。妹さんしんどかったでしょう。でも、もうお祓いも出来たのでもう大丈夫でしょう」と言ってくれました。

それから数年経ちますが妹は何事もなく平穏に暮らしていますし、女の子を見ることもなくなったそうです。

タイトルとURLをコピーしました