人は亡くなった後も「願って」いるのかもしれません(福岡中央高校の教室で)

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

同級生の死。

この話は私が大学時代に、同じ科の同級生から聞いた話です。

この同級生は今画家になり、社会福祉にも貢献している信頼できる人です。

学生時代になじみの喫茶店で仲間とコーヒーを飲みながら話していた時でした。

女子学生Kがこんな話をしました。

「私こんなことがあるとは夢にも思わなかったのよ。

高校3年生の時だった。同級生の女子が大病を患ったの。

Yちゃんって皆呼んでた。入院したわ。

皆回復を祈ったけれど残念なことに亡くなったの。

彼女が入院する頃にみんなで取り組んでいたことがあったわ。

創作ダンスをグループで考え発表するということだった。

亡くなったと皆落ち込んだけど、彼女の分も頑張ろうって言って創作ダンスの発表をしたの。

誰かが写真を撮ってくれていたのよ。現像して出来上がった写真を皆で見たのよ。

みんな息を飲んだわ。

彼女が一緒に踊っていたわ」こうKは静かに話しました。

この話を聞いた私たちはその話を信じました。

Kは嘘をついたことはありませんでした。

祈る人。

加えて私にはこういう経験があったのです。

高校時代の同級生M君がある写真を見せました。

M君は熱烈な鉄道ファンでした。

たくさんSLの写真を撮っていました。

ある日学校に一枚の写真を持って来て皆に見せました。

停車したSLをカメラに収めていました。

君はここをよく見るよう皆に言いました。

アッと驚きました。

旧日本軍の制服を着た、ゲートルを巻いた兵士らしき人が手を合わせて向こう向きに立っているではありませんか。

心霊現象という言葉がありますが、この言葉では言い表されていない

「思い」「願い」はずっと残っているのかもしれないと思ったのでした。

二つの例はそれを思わせるに十分でした。

タイトルとURLをコピーしました