これは私が実際に体験した某カラオケ店元バイト先での出来事です。

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

昔私が勤めていたアルバイト先での出来事です。

そのお店は某カラオケ店なんですが、私はよく深夜の時間帯に勤務していました。

アルバイトに初めて入った時から先輩にこの店はよくでるよと言われていたのですが、

実際に私自身そのような経験をしたことが一度もないので全く信じていなかったのです。

私はそのカラオケ店で約3年間働いていたのですが、

ある日マネージャーからお店が閉店することを聞かされました。

閉店するまでの間私は一生懸命働いていました。

そしてついに閉店の日。

閉店時間になり、お客様はもう誰もいない状態になりいつものように最後の締め作業をしていた時でした。

お店の奥からこちらに向かって足音が聞こえてくるんです。

革靴で歩くような音が聞こえてくるんです。

私はとても小心者なのですごく驚いていて、先輩に問いかけたのですが先輩は聞こえないと言うので

最初は聞き間違いだと思って無視をしていました。

そのあと足音が聞こえなくなったので、やっぱり聞き間違いだったと思っていました。

ところが、締め作業も終わり先輩方とお疲れ様でしたと思い出に浸っている時またあの足音が聞こえてきました。

今度はトイレに向かって聞こえてきました。

さすがに先輩も聞こえたらしく二人して大騒ぎ!笑

誰もいないはずなのにただただ静かな店内に足音だけが鳴り響いていました。

あれは絶対に聞き間違いではないし、確実に足音でした…。

最後の最後にとても怖い体験をしました。

しかし、考え方を変えて最後の最後ということもあり、お疲れ様でしたと言ってくれてるのだと思うことにしました!

でも、次の店舗が入るときはしっかりとお祓いをして欲しいものですね…!

タイトルとURLをコピーしました