東京都北区赤羽にあるホテルで体験した出来事

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

いつ体験したのか

とあるイベントに出るため、京都から東京に出向いたときです。

2016年の11月、赤羽駅のすぐ近くにあるホテルでした。

行くギリギリの予約になってしまい、安い宿を探していたのですが見つからず、少し高くなってしまい目的地からもちょっと離れてしまいますが、良さげな宿を見つけたのでそこに泊まりました。

女性限定フロアのカプセル(バンガローのような感じ)といった内容のプランでした。

ホテルの内部は1Fにバーがあり、2F以上が宿泊スペースといった感じでした。

どんな体験をしたのか

部屋の構造は布団半分を占め、もう半分にテレビや金庫が置いてありました。

だいたい幅が布団1.5ぐらいだったと思います。

右側を下にして横になって寝ていたら、お腹側に誰かの足ぐらいのサイズで布団が沈み込むのを感じました。

2歩ぐらいで私の頭の上まで来て、手を広げた状態で頭を押されました。

それを2回ほど体験しました。

「わぁ押されてる…」と思い、実際は押されたような感覚があっただけで寝ている位置は変わっていなかったのですが、下にズズズ…っと押されて動いたように感じていました。

どのような対処をしたのか

対処というほどのものでもありませんが、そのとき私は歩き疲れており、足が痛くてそれどころではなくありませんでした。

また不可思議な現象に違和感を覚えることもなく、「なんか来た…」「頭の方に来てる…」「わぁ押されてる…」「あ、またきた…」などといった実況を1人でしていました。

そのままその日は寝てしまい、朝起きてようやく「あ、もしかして昨日の押された感覚は…?!」と思ったきり、特に異変などはなく今まで生活しています。

怖がりすぎると逆に呼び寄せると聞いたことがあるので、ちょっとしたイベントのように思う程度が現象そのものを否定することもなく、かといって自分に負担をかけることもなく、ポジティブなに考えられるので良いのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました